【ハワイを感じるおうちごはん】本場グレイビーソースが決め手! ロコモコ
- 2018/09/03

Aloha! EwaYuriです。

アメリカ、ハワイの暮らしの中で覚えたおいしい味を、皆さまにお伝えしていく「ハワイを感じるおうちごはん」。

今回ご紹介するメニューは、「ロコモコ」です。

ロコモコは、ハワイアンフードの定番の1つ。日本だとデミグラスソースがかかっていることが多いと思いますが、今回は本場ハワイで食べるような「グレイビーソース」を使ったレシピをご紹介します。

デミグラスソースとはまた違った味わいを楽しめますので、ぜひお試しくださいね。

 

ハワイスタイル グレイビーソースのロコモコ

【材料 (4人分)】

ハンバーグ
・牛ひき肉(または合挽肉) 450〜500g
・玉ねぎ 半分
・塩 小さじ1
・こしょう 少々
・ナツメグ 少々
・卵 1個

グレイビーソース
・小麦粉 大さじ4
・バター 30g
・水 400㎖
・ダシ(ビーフブイヨン) 小さじ2
・しょうゆ 小さじ2
・塩  小さじ半分
・ハンバーグの肉汁 あるだけ

トッピング
・卵 4個
・パセリ、青ネギなど(好みで)

【作り方】

①ハンバーグの具をよく混ぜて、丸、または小判型に成形する。

焼くと縮むので少し大きめに、真ん中を少しへこませるのがポイントです。

②ハンバーグを焼く。

フライパンに油(分量外)を熱し、中火でハンバーグを両面数分ずつ焼いて、お皿に取っておきます。アルミホイルを被せておくと冷めにくいです。

③ソースを作る。

鍋にバターを溶かし、小麦粉を入れて炒めます。中弱火で5~6分焦げないように混ぜながらきつね色になるまで炒めます。

④ソースを伸ばす。

水を少しずつ入れて伸ばします。最初は水を入れると跳ねるので気をつけてください。入れた水と小麦粉がよく混ざったら、次の水をまた少し入れます。ある程度滑らかさが出て来たら、多めに水を入れても大丈夫です。

⑤ソースの味をととのえる。

水を全部入れて滑らかになったら調味料を入れて一度沸騰させ、ハンバーグから肉汁が出ていれば、それを入れて完成。

⑥盛り付ける。

ハンバーグとごはんにハンバーグをのせ、グレイビーソースをかけて目玉焼きをのせたらロコモコのできあがり。

【よりおいしく、ハワイスタイルに】

ハンバーグは、いつも作っているレシピの物でOK。以前ご紹介したハワイアンマックサラダを添えれば、プレートランチスタイルに。本場ハワイの味をおうちで感じてくださいね。

 

EwaYuri
エヴァ・ユリ ハワイ・オアフ島に11年暮らす。その後横須賀(神奈川)、カリフォルニアなどを経て2018年には再びハワイへ。食生活には妥協せず、“おうちごはんが一番おいしい”をモットーとする。アメリカ、ハワイの暮らしの中で覚えたおいしい味を、ブログなどを通して広く発信している。『みんなのラクうま献立日記』(翔泳社)、『クックパッド&地球の歩き方 世界のおいしいおかず』(ダイヤモンド・ビッグ社)などへの掲載歴あり。

EwaYuri食堂 https://ameblo.jp/ewayuri

 

 

ハワイ料理をもっと身近に、もっと手軽に!
本格レストランの味を自宅で実現できるレシピブック発売中!

大好きなハワイ料理だからこそ、普段のライフスタイルにとり入れたいという皆さまに朗報! 学習ミニBOOK『Ohana Learning』シリーズから、待望のレシピブックが登場しました。

HLCオフィシャルサイトで1年間連載してきた【おうちでハワイごはん-Taste of Hawaii】を一冊にまとめたミニBOOKです。

購入はこちら