【Aloha Interview Vol.101】料理ブロガー/EwaYuriさん
- 2018/12/27

連載コラム「ハワイを感じるおうちごはん」でおなじみのEwaYuriさん。“おうちごはんが一番おいしい”をモットーに、日々のレシピをハワイから発信しています。「食」を大切にする家庭に育ち、ハワイでの子育てを通して家庭料理の素晴らしさを伝える彼女に、食へのこだわりや家庭料理の楽しさについてうかがいました。


HLC 多国籍なメニューが多いですが、どこから影響を?

—— 基本はハワイで見た物、食べた物からです。ハワイは移民が多いのでただでさえ多国籍な料理が多いですが、そこに自分のルーツである母の料理、そしてアメリカ本土の料理もミックスしたものが我が家の家庭料理になっています。

つい最近まで少しカリフォルニアに住んでいたのですが、そこでも影響を受けて帰って来ました。同じ食材でもハワイとは使い方が違っていたり、メキシカンはこれまで食べたことのない味がしたり。今はそれらが全部ミックスされた料理を作っています。

 

HLC 家庭料理に強いこだわりがあります。

—— 家族も親戚も皆食べることや料理が大好き。スーパーマーケットを経営していたり、イタリアンレストランや蕎麦屋などをやっていたり。そういう中で育ってきたので、子どもの頃から食がとても身近でした。実は小学生の時に肺炎にかかり入院したことがあるんですが、病院で出される食事に味がなさすぎて驚いたことを覚えています。それから「家のごはんはなんておいしいんだ」と思って家庭料理に興味を持つようになったのかもしれません。

また、母が店をやっていたのですが、どれだけ忙しくても夕飯を作りに帰って来て家族そろって食べるのが常でした。そんな家庭で育ったので、自分の子どもたちにもそういった家庭のあり方をきちんと伝えていきたいと思っています。

HLC 家庭料理は毎日のことですが、大変と感じたことは?

—— 結婚してハワイに来たばかりの頃は主人の収入だけでやりくりしなくてはならなかったので、安い食材を買い、工夫して料理を作っていました。今でもそれが癖になっていて、これがなければあれで代用しよう、それで美味しかったら成功と。毎日ゲームみたいで楽しいですよ。

 

HLC 日々の料理を楽しまれているのですね。

—— 限られた材料だけで作れた時は達成感があります。日々色々なストレスはありますが、ごはんを作って家族や友達に食べてもらうということが私のストレス発散方法。それができる限りは何でも乗り越えられると思います。それは母も同じで、料理ができるかどうかが健康のバロメーターとなっているようです。

HLC ブログ「EwaYuri食堂」を始めたきっかけは?

—— ホームパーティーによばれると、よく料理を持っていっていたのですが、それがおいしいからブログに買いてと言われたことがきっかけです。2010年くらいに初めました。私が作った料理を知らない人が見てくれていると思うとうれしいものです。そのうちお仕事もいただくようになり、今では書かないとソワソワしてしまうくらい。

 

HLC  結婚をきっかけにハワイに移住されたとのことですが、もともとハワイがお好きで?

—— 14歳の時に初めての海外旅行で家族とハワイに来ました。ホノルル空港(当時)に降りた時のよい香りや、ワイキキに向かう途中で見た高速道路を走るトラックの荷台に乗っている人々など、色々な衝撃を受け、いつかは住みたいという思ったこともあります。ハワイにいとこが住んでいるので、その後も、何回か遊びには来ていましたが、まさか自分が住むことになるとは思っていませんでした。

実は主人とは出会って2カ月ほどで結婚し、私は仕事を辞めてハワイに来ました。当時英語もろくに話せなかったので、私はどうやって自分を表現したらよいか分かりませんでした。今思うと、料理がコミュニケーションツールになったのかもしれません。主人はもともと食に対してこだわりがなかったのですが、そのうち家のごはんが一番おいしいと言ってくれるようになりました。

 

HLC  実際にハワイに住んでみていかがですか?

—— 海の色や山がきれいですし、風も気持ちよくて花も美しい。やっぱり心奪われるものがあります。日本人にとって住みやすい場所だと思いますが、物価が高いというハードルも。皆それでも住みたいから来るんでしょうね。私もその1人です。

HLC  今後はどういった活動を?

—— 料理の楽しさ、特に家庭料理の楽しさを伝えていきたいので、引き続きブログなどで発信していく予定です。それから料理教室のオファーなども来ているので、おしゃれな料理ではなく、本当の家庭料理の素晴らしさを広めていけたらと思っています。

 

HLC ありがとうございました。

 

【Profile】
エヴァ・ユリ ハワイ・オアフ島に11年暮らす。その後横須賀(神奈川)、カリフォルニアなどを経て2018年には再びハワイへ。食生活には妥協せず、“おうちごはんが一番おいしい”をモットーとする。アメリカ、ハワイの暮らしの中で覚えたおいしい味を、ブログなどを通して広く発信。『みんなのラクうま献立日記』(翔泳社)、『クックパッド&地球の歩き方 世界のおいしいおかず』(ダイヤモンド・ビッグ社)などへの掲載歴あり。
EwaYuri食堂はこちら>>

 連載「ハワイを感じるおうちごはん」はこちら>>

【編集後記】
自宅で手軽にハワイを感じられるレシピがないかと探していたときに出会ったのが、ブログ「EwaYuri食堂」。“おうちごはんが一番おいしい”というYuriさんのレシピを日本に住む皆さんに届けたいと思い、今年の4月から連載コラムがスタートしました。毎日本当に楽しみながら料理をされているYuriさん。お母さんの手料理を家族そろって食べる幸せな家庭の風景が目に浮かびました。